整体とマッサージを正しく理解しよう!

整体とカイロプラクティックの違い

整体とカイロプラクティックは全く異なるものです

体を整える、という意味では、カイロプラクティックも整体も同じですが、これらは考え方が、全く違うものになります。カイロプラクティックの方は、アメリカから始まり、その後、現在では世界数十カ国で国家資格にまで認知されており、WHO(世界保健機関)でも医療として認められております。国によっては、医学部に入り、専攻をカイロプラクティックにするか、他の専攻に進むかにまで、分かれておりますので、外国ではかなり評価は高く、ドクターと呼ばれてます。イギリス、カナダ、オーストラリア、EU諸国でも医師と同等のステータスとされてますので、当然、レントゲンやMRIの使用しながら施術が行われることになります。

 

一方、整体の方は、中国と日本の思想が合体していたり、あるいは、カイロプラクティックの技術を混ぜている勉強家もおりますので、統一制は無く、それぞれの整体術の総称として団体や個人レベルで行われている場合が多いようです。こうして見ますと、何となくカイロプラクティックの方が、信頼出来るのではと思うのですが、残念ながらそうとも言えないようです。どちらも、日本ではまだ国家資格としては認められてなのです。そのため、統一された教育機関もまだ存在していないため、残念ながら、西洋で認知しているような、本来のカイロプラクティックをしている人は非常に少ないのが現状です。

 

無資格マッサージ屋化しているのが現状

残念ながら、日本ではまだ、どちらも国家資格として認知はされてませんので、素人目には、まだまだ無資格マッサージ屋さんのイメージが多いのではないかと思います。カイロと整体の違いを理解するには、別の資格で説明をしたほうが分かりやすいかもしれません。現状として、プロとして活躍しているスポーツトレーナーは、柔道整復部や鍼灸師の国家資格を持っている人が多いです。3年間専門教育を受けて国家資格を取得した専門家して、信頼も厚いものがあります。

 

勿論、カイロや整体でも、本当に素晴らしい技術を持った方もおります。しかし統一された教育機関がないので、上手と下手の技術的温度差が余りにも多いのも現状です。それでは、仮にどちらの施術院を選べば良いですかと問われた場合に、答えは、「どちらが良いではなく、どちらが自分に合うかを選んでください」とアドバイスするしかありません。