整体とマッサージを正しく理解しよう!

整体で主に施術される症状

『マッサージできますか?』の質問

私たちが整体院を選ぶ場合に、簡単な質問をぶつけて見ることを、お勧めします。実は、整体の民間資格ではマッサージ行為は出来ないことになっており、「出来ます」、と答えが返ってきたら、行くのを控えたほうが無難なのです。勿論、いくら資格があっても、手抜きをする医者もいれば、マッサージ師もおります。しかし、「出来ます」、という答えは、不勉強な証拠であることは間違いなのですから。そこで、整体の施術内容としては、関節の歪みやズレの矯正をしながら、骨格筋のバランスを調整し、症状の改善を図るのが主な仕事になると言えます。

 

多くの整体院の場合、検査方法として、視診・動診・触診・筋肉テストなどが行われますが、施術をしてもらっても、最終的には患者との相性の問題になってきます。その施術は基本的には、東洋医学的な要素も入っておりますので、直接手を使い、指や肘、膝なども駆使しながら、部位の筋肉の揉みほぐし、骨盤や脊髄のズレといった矯正をしていきます。

 

アレンジや工夫で、整体師の施術方法は多数存在

整体は民間資格であるため、保険は適用になりませんし、発祥が中国の「椎拿(すいな)」から始まり、日本武術の手技療法や、現代医学もプラスされており、更には、海外からの、様々な手技療法が混ざっていると言われてます。そういう意味では、カイロプラクティックの手技も入っておりますので、日本人に合うように研究を重ねた手技療法ということが出来るかもしれません。更に、取り入れた技術を独自の技術に変えて、複数の手技が存在しておりますので、自分流が横行していることも確かです。ですから良い意味で言えば日々進化している整体業界とも言えます。

 

大体、以上のようなことから、整体は、関節の歪みやズレを元の位置に整えるといった施術だということがが行われます。もっと分かりやすく言えば、マッサージでは主に、体を揉む・押す・叩く・さするといった、硬くなった筋肉をほぐす施術といった具合に覚えておくと良いかもしれません。いずれにしろ、施術を受ける側としては、どういった施術が行われるのか、確認してから利用するのが良いと思います。